3M™ ダイノック™ フィルム EXシリーズ ( 屋外耐候性フィルム )エクステリアにデザインを 耐候性に優れた高意匠塩ビフィルム

2019年発売新柄のご紹介

3M™ ダイノック™ フィルム EXシリーズ ( 屋外耐候性フィルム )とは?

約10年以上の屋外耐候性と耐汚染性能を兼ね備えたフィルムです。
ビルの外装、ルーバー、看板、扉やサッシなど、屋外の幅広い用途で活躍します。

Before

Before

After(使用品番:ME-005EX)

After(使用品番:ME-005EX)


- 施主からのコメント(株式会社興建社 代表取締役社長 水島隆明様) -

今回の外壁改修工事にあたっては 当初は塗装塗りなおしと清掃を検討しましたが、メンテナンス期間が短くなることや 美観もそれほど向上しないことが見込まれ、決め手に欠けていました。 そんななかダイノックEXシリーズに出会い、その耐候性と意匠性を評価し、採用しました。 結果もねらい通りで、少し費用はかかりましたが仕上がりにはとても満足しています。 これから弊社のお客様にも積極的に提案していきたいと思います。

最新の施工事例はこちら

2019年発売新柄のご紹介

木柄を中心に28種類の新柄を追加し、合計60種類の柄数をご用意いたしました。
トレンドである木柄デザインを、より外装に使って頂きやすくなりました。

●木柄を大幅に追加発売

  • 木柄EX:9品番→新柄追加で35品番に増えました。
  • 近年のトレンドとして、外装のルーバー、軒天、看板、ファサードでの木柄デザインが増えているので、EXで使用可能に。
  • ライト系~ダーク系まで豊富なカラーバリエーションをご用意。
木柄を大幅に追加発売01
木柄を大幅に追加発売02
木柄を大幅に追加発売03

●内装と外装のデザインを合わせやすく。

3M™ ダイノック™ フィルムの通常品の人気柄から
EXシリーズへ展開しています。より一層、内外装の組み合わせがしやすくなりました。

内装と外装のデザインを合わせやすく01。

外装面

内装と外装のデザインを合わせやすく02。

内装面

60種類以外でも特注対応可能です。詳細は当社営業担当者までお問い合わせください。

見本帳・カタログ

3M™ ダイノック™ フィルム EXシリーズ ( 屋外耐候性フィルム )
3M™ ダイノック™ フィルム 
EXシリーズ ( 屋外耐候性フィルム )
見本帳
DIN-263
3M™ ダイノック™ フィルム 機能製品カタログ
3M™ ダイノック™ フィルム 
機能製品カタログ
見本帳
DIN-311

特徴

約10年の屋外耐候性と耐汚染性能を兼ね備えたフィルムです。
ビルの外装、ルーバー、看板、扉やサッシなど、屋外の幅広い用途で活躍します。

優れた耐候性

垂直面の使用でおよそ10年以上の耐候性があります。
外装材の耐久性も向上させ、美観の維持が可能になります。

優れた耐候性

豊富なデザインパターン

木目、メタリックを中心に60種類の中から選択いただけます。
またそれ以外にも100を超えるデザインの3M™ ダイノック™ フィルムの標準品より特注対応も可能です。対応可能柄や、数量・納期などは当社営業担当者までお問い合わせください。

豊富なデザインパターン 豊富なデザインパターン

現場での高い作業性

EXシリーズはフィルムの厚さが約0.2mmの粘着剤付きフィルムです。
カッターナイフでの裁断が容易のため、現場での作業に適しています。

製品仕様

材質:表面フッ素加工塩化ビニル樹脂

品番 ロールサイズ 材料設計価格
FW-EX, ME-EX W1,220㎜ × L50m ¥9,200/㎡
AE-EX,ST-EX,FA-EX W1,220㎜ x L50m ¥8,600/㎡
PA-EX,WG-EX,LE-EX W1,220㎜ × L50m ¥7,400/㎡
PS-EX W1,220㎜ × L50m ¥6,600/㎡

防火材料 国土交通大臣認定番号

◯下地:不燃材料(金属板に限る。但しアルミニウムを除く)
防火性能:不燃 NM-2401
◯下地:不燃材料(金属板を除く)
防火性能:不燃 NM-2391
◯下地:アルミニウム合金板※1
防火性能:不燃 NM2443

(不燃材料とは、建設省告示第1400号に例示されたもので化粧が施されていないものです)


ホルムアルデヒド発散建築材料 国土交通大臣認定番号

MFN-3503

施工に関する注意

折れジワ注意

他のシリーズに比べ、フィルムが裂けやすく、また折れジワがつきやすいのでご注意ください。特に施工時のフィルムの貼り剥がし、施工時のカッターにより切り込みを行う場合に注意が必要です。切り込みがキッカケとなりフィルムが裂けてしまうことがあります。
低温環境では、折れジワや裂け、フィルムの折曲げ部分が白化することが発生しやすくなります。屋外での施工での作業環境にはご留意ください。

裂けに注意

フィルムを切断する場合は、粘着材まで確実に切断してください。フィルム表面にカッターの刃の跡をつけて裂くように扱うと、思わぬ箇所でフィルムが裂けたり、バリが残る場合があります。

屋外耐候性

屋外耐候性に優れる製品ですが、傾斜面や水平面などでご使用の場合は、フィルムの劣化が早まることがあります。また、アルミニウム以外の下地でのご使用の場合も劣化が早まる場合があります。

3次曲面不可

3次曲面への施工は避けてください。

伸縮性に注意

フィルムに伸縮性がないのでひずみがかかったり、シワを伸ばして貼り付けると、時間とともに筋状に膨れてくることがありますので、貼り始めの位置決めを正確に一回で行ってください。

ジョイントの重ね貼り注意

ジョイントでフィルムを重ね貼りする場合は、重ねる部分の下側のフィルムの表面をサンディングしてからプライマーDP-900N3を塗布してください。


より詳しい情報は取扱説明書をご確認ください。